千葉県船橋市の習志野駐屯地で自衛隊夏祭り!2018年のレポ!

千葉県船橋市の習志野駐屯地で自衛隊夏祭り!2018年のレポ!

2018年8月4日土曜日、千葉県船橋市の習志野駐屯地で行われている夏祭りに参加してきました!

新京成線で、薬円台駅からも習志野駅からも徒歩10分かからないかな、という立地。

今回は北習志野駅から自衛隊行きの路線バスが出ているということで、そちらを利用しました。

地元の住民は自転車で来ている方が多く、自衛隊員が一生懸命整備していました。

駐輪場は広くとられているし、帰りの混雑を考えても来年からは自転車でうかがおうかなと思います。

習志野駐屯地で一味違う夏祭りを!

駐屯地に着いたのは15時半ごろでした。

お祭り自体は13時から行われているようです。

戦車にも乗れる!自衛隊ならではの体験型イベント

私たちが着いたころは人出は多いものの混雑というほどでもなく、小学生やファミリー層が多かったような印象です。

それもそのはず、入ってみると多種多様な売店のみならず、自衛隊ならではの体験型イベントや小さな子どもが楽しめるようなアスレチックやそりすべり、小学生が行列をつくるお化け屋敷など、これまで行ってきた夏祭りとは一味も二味も違うイベントスペースがつくられていました!
水場やゴミ箱なども自衛隊らしい戦艦のような見た目のものや、普段目にしない大きな戦車(?)が見られるなど大人でも興奮してしまうような世界観がありました!

個人的には戦車に試乗できたのがとても楽しかったです♪

屋台はお財布に優しい価格設定

中心の広いスペースにたくさんの売店が並び、鍛え上げられ日焼けで黒々とした自衛隊員たちが様々な食べ物やゲームを用意してくれています。

驚いたのはそのお値段!焼きそばは200円、かき氷は100円、焼き鳥は80円などお財布に優しい価格設定に「あれ?都内のお祭りでは倍のお値段はしていたような・・・?」と目を疑ってしまいました。

自衛隊グッズが販売されているお店があったり、空挺焼きそばなるものが売っていたりと、ここならではの売店も目立ち、飽きることなく広い敷地をぐるぐると巡ることができました。

涼むには近くのカラオケ屋が便利

とはいえ酷暑の中、花火大会開始時間(20:10予定)まで数時間歩き回っているのは厳しく、シートで場所取りをし一旦駐屯地の外に出て涼むことにしました。

周りに何か休むところがないか探していたところ、駐屯地を出てすぐ私たちの目に飛び込んできたのはカラオケ(笑)ここしかないと思い、迷わず入店し19時までがっつり熱唱しました。

(実際には少し歩けばココスや五右衛門、星野珈琲などファミレスもありました)

意外や意外、ここのカラオケの設備がなかなか良く、まだ新しいのかお部屋もトイレもきれいで、ハワイ感満載の南国の雰囲気に、ドリンクバーにはソフトクリームもあり!

(ソフトクリームはバニラとイチゴの二種類があり、トッピングもコーンフレークやチョコ、キャラメル、各種果物ソースなど充実していました!)

お祭りの暑さから少し息抜きするつもりが完全に楽しんでしまいました(笑)

そんなこんなであっという間に19時になり、退店。

花火が始まる夜は激混み

お祭りに戻ろうとすると、先ほどまでとは桁違いの人出の量!売店のある中心の広場に到着するのに昼間の3倍の時間はかかりました。

先にシートで場所をとっておいて大正解。

ガラガラだった周りの芝生スペースも、すでにぎっしり埋め尽くされていました。

19時過ぎに戻ってくれば、一時間買い出しして花火見るのにちょうどいいよね!なんて思っていた私たちは甘い考えだったと思い知ります。

なんと、、ねらっていた焼きそばがすでに売り切れだったのです( ;∀;)とはいえ、敷地の中には何店舗も焼きそば店があるのはリサーチ済み、一周ぐるっと周ろうと試みました。

しかし焼きそば店はどこも売り切れ、唯一まだある店舗は信じられないほどの大行列・・・

他にも食べたいものに目をつけていた私たちは、焼きそばは諦め食べたいものの入手に時間ぎりぎりまで練り歩きました!(結局揚げパン、焼き鳥、たません、からあげ、牛カルビをゲット!)

どこも昼間とは比べ物にならないくらい混雑し並びましたが、これもお祭りの醍醐味かとその雰囲気を楽しみました。

ファミリー層が楽しめる花火大会

いよいよ20:10、花火大会スタート!正直花火自体の迫力は大きなものを見慣れている方にしてみると物足りなさもあるかもしれません。

ですが、落ち着いて見られる環境と、派手ではなくともしっかり夏を感じられる雰囲気があるように思いました!小さい子どもがいるファミリー層にもおすすめできる花火大会だと思います。

最後の花火があがったあとには自然と拍手が沸き起こりました。

そして、最後の帰りの混雑までしっかり自衛隊員の方々が交通整備してくださっていてありがたかったです。

暑い中、本当にご苦労様です。

まとめ:自衛官の出会いの場

ちなみに、自衛隊員の中には黄色いリストバンドをして恋人募集中をアピールしている方々もいましたよ♪真剣に恋活してます、とプロフィールを貼りだしている方もいたりして、多くの方の出会いの場にもなっているんだろうなと感じました!

新しい発見がたくさんあった夏祭り、来年もまたぜひ参加したいと思います!!

千葉県では東京五輪開催地!

東京五輪では、千葉県で釣ヶ崎海岸でサーフィン、幕張メッセでテコンドー、レスリング、フェンシングの競技が行われます。

2020年の習志野駐屯地の夏祭りがいつかはまだ分かりませんが、オリンピック観戦後、駐屯地で花火を見るのも乙かもしれませんね!

千葉県カテゴリの最新記事