東京オリンピックまで待てない!?野球日本代表を大予想

東京オリンピックまで待てない!?野球日本代表を大予想

2020年東京オリンピックの開催が決まりました。

すでに2年後となったオリンピックですが、なんといっても東京オリンピックの注目は「野球・ソフトボール競技の復活」ではないでしょうか。

長い間オリンピック界から姿を消していた野球とソフトボール競技ですが、コチラの記事で書いたとおり、ついに東京オリンピックでは復活しました。

熱き戦いが再び!オリンピックに野球が復活!その理由とは? | Tokyo 2020 Watcher

野球もソフトボールもここ日本では広く親しまれている競技ですので、より一層の期待が込められていると思います。

今回はその中から、野球競技の日本代表選手について紹介します!

オリンピック野球日本代表候補をチェック

今年の夏は甲子園がとても暑く、高校野球ブームとなりました。

中でもひときわ注目を浴びたのは金足農業の吉田投手ではないでしょうか。

甲子園は高校生の野球の聖地ですが、2年後に行われるオリンピックでは、年代に関係なく世界中から野球が注目を浴びます。

それでは、日本代表候補の注目選手を何名か紹介します。

野球日本代表候補選手

柳田悠岐選手(外野手)
現在ソフトバンクホークスで活躍している選手です。柳田選手の見所は、なんといってもバッティングです。豪快なフルスイングは日本だけでなく、海外の投手にも十分通用すると思います。オリンピックでも特大ホームランが見たいですね。

菊池涼介選手(内野手)
現在広島カープで活躍している選手です。菊池選手といえば、やはり華麗な守備。球際に強く、その守備力は日本でもトップクラスのものです。観客を魅了するようなファインプレーも楽しみです。

秋山翔吾選手(外野手)
現在西武ライオンズで活躍している選手です。秋山選手は、走攻守の三拍子が揃っている選手で、粘り強いプレーがとても見所です。正確なバットコントロールから生まれる数々のヒット、また外野の守備範囲はとても広く、どんな場面でも活躍が期待できる選手です。

ここでは3名の選手を紹介しましたが、まだまだ素晴らしい選手はたくさんいます。

2年後のオリンピックでは数々の選手が活躍を見せてくれそうです!

これが東京オリンピック侍ジャパンのスタメンだ

オリンピック日本代表候補を紹介しましたが、次はずばり日本代表のスタメンを予想したいと思います。

【日本代表のスターティングメンバー】
1番 秋山翔吾選手(センター)西武ライオンズ
2番 坂本勇人選手(ショート)読売巨人
3番 柳田悠岐選手 (ライト) ソフトバンクホークス
4番 筒香嘉智選手 (レフト)横浜DNA
5番 浅村栄斗選手 (ファースト)西武ライオンズ
6番 田中広輔選手 (サード) 広島カープ
7番 菊地涼介選手 (セカンド)広島カープ
8番 田村龍弘選手 (キャッチャー)千葉ロッテ
9番 則本昂大選手 (ピッチャー)楽天イーグルス

といったスタメンを予想します。

これらの選手は現在プロ野球で活躍している選手のみですが、2年後は現在高校生の選手の姿も見えてくると思います。

特に、大阪桐蔭でチームを優勝に導いた根尾選手や藤原選手への期待も高まります。

まとめ

2年後に控えた東京オリンピック。

その日本代表メンバーは史上最強のチームが出来上がると思います。

現在高校生の選手の戦力も加わるとなると、若手選手とベテラン選手がうまく噛み合い、より一層強さを増していくと思います。

これは、メダルの獲得が大いに期待できますね。

2020年、東京オリンピックが楽しみです!

野球カテゴリの最新記事