地元民のお墨付き!きゅうりのお祭り福島県須賀川市のきうり天王祭がアツい!

地元民のお墨付き!きゅうりのお祭り福島県須賀川市のきうり天王祭がアツい!

毎年7月14日、須賀川市民が楽しみにしているのが、きうり天王祭。
どんなお祭りなんでしょうか?

知る人ぞ知る!マイナーだけどきうり天王祭がアツい!

福島県須賀川市で行われる、夏祭りと言えばこれ。

ですが残念ながら、全国的にも、福島県内においても、知名度はそれほどではありません。

高校の時、須賀川市外の友人にきうり天王祭の話をしたところ、「ごめん、それなに?」と返されたのは当時かなりショックでした。

規模や知名度では勝てないかもしれないけれど、他のお祭りに比べ劣っているということではないですよね。

それは、地元民の私が保証します。

Advertisement

きうり天王祭は健康祈願の神聖な行事

さて、きうり天王祭の見どころは、なんといっても須賀川市の名産であるきうりの奉納です。

きうり(きゅうり)を二本持参することで、ご利益のある、健康祈願にもってこいの特別なきうりを一本、交換してもらえます

そのために、人々は長蛇の列を作ります。

それくらい伝統的で、地元の人々に愛される行事なのです。

きうり天王祭のその歴史

その歴史はかなり深く、詳しくは分からないのですが、どうやら「きうりの交換」には史実に基づいた部分が多いようです。

調べたところによると、須賀川市の一帯では昔、疫病が流行り、それを人々はある種の祟りだと捉えたようです。

そこで、その祟りを及ぼしているであろう霊をお迎えし、祭事を執り行い、その際にきうりを供えたそうです。

するとたちまちに疫病が消失し、その史実こそが、この「きうり天王祭」の発端であるというのです。

健康祈願に相応しいというのは、ここに由来しているわけですね。

Advertisement

祭りとして楽しいきうり天王祭

もちろん、歴史と伝統を感じさせるだけでなく、このきうり天王祭は、お祭りとしても楽しめます。

子供から大人まで、老若男女問わず祭りに参加しているように見受けられますし、友人と来ている他、家族連れやカップルで足を運んでいる、というのも多いですね。

2キロ以上並ぶ?!圧巻の屋台の多さ

特筆したいのが屋台の多さですね。

これは、そもそも交通規制を受ける道路が多く、屋台を展開できる場所が広いというのに起因するのですが、それにしても全長二キロから三キロはあるのではないでしょうか。

そこに、屋台が連なるわけです。

もちろん全国的に見れば大した規模ではないかもしれませんが、それでもこの地域では充分過ぎるスケールですし、屋台の種類が多いので、毎年端から端まで一応は散策することにしています。

それができる程度には、面白いお祭りです。

たまに「掘り出し物」的な屋台を発見できたりもして(他と比べてちょっと安かったり)、それはそれで楽しいんですよ。

Advertisement

まとめ:きうり天王祭の魅力

きうりの奉納以外に、新奇なもの、イベント事は特にありません。
あとは屋台を回って、終わりです。

神輿もあるにはありますが、限りなく普通です。

正直そこは物足りないところではあるのですが、しかし、私はむしろそういう部分も、好きなんですよね。

のんびりまったり楽しめる、余計なものを削ぎ落とした、ごてごてし過ぎていないお祭りというのも、なかなか風情があるんですよね。

そういうのって、私は田舎ならではだと思うんです。

規模も知名度も大したことがないからこそ、こういう時間の流れの緩やかな、取り繕うところの少ない祭りになるんです。

混雑ぶりも、息苦しくなるようなことは決してありません。

確かにそれは「祭り」ではないかもしれないけど、落ち着きのある、温かみのある風情を楽しみたいという方は、是非一度、足を運んでみてください!

福島県カテゴリの最新記事