えっ!?東京五輪ボランティアは英語が話せなくても大丈夫!?

えっ!?東京五輪ボランティアは英語が話せなくても大丈夫!?

2年後の2020年は東京オリンピックが開催される年です。

大会のエンブレムが決定し、現在では各競技の日程や競技会場の情報公開、競技場の建設などが着々と進められています。

東京オリンピックへ向けた準備のなかで、実はみなさんにも関わるものがあるのです。

それは、「大会ボランティア」です。

オリンピックは見るだけのもの、なんて思っている方がいるかもしれません。

しかし、東京オリンピックでは見るだけではなく、ボランティアとして大会の運営に関わることができるのです。

でも世界的な大会であるオリンピックのボランティアってことは、英語がペラペラじゃないと…と心配になる方もいると思います。

そこで今回は、東京オリンピックのボランティアの詳細について紹介します!

東京五輪ボランティアになれる条件って?

2020年東京オリンピックのボランティアに参加したと思いっている方はたくさんいると思います。

そこでまずは、ボランティアになれる条件から見ていきましょう。

【ボランティア 条件】

  • 年齢(2002年4月1日までに生まれた人)
  • 日本国籍、または日本に滞在する資格がある人(オリンピック開催期間のみ)

ボランティアに応募できる条件はなんとこの2つだけです!

英語のレベルや何か特別な資格が必要というわけではないのです。

なので、本当にたくさんの方が参加できると思います。

条件を満たしている方はボランティア活動への応募も考えてみてください!

2020東京五輪をボランティアとして支えよう!

ボランティアの募集人数は約80,000人だそうです。

1人でも多くのボランティアが求められていると思います。

ボランティアの活動内容も道案内や競技場補助、看護関係の内容など、幅広く設定されています。

一人一人自分に合ったボランティアの内容があると思います。

なので、まずはどんなボランティアがあるのかを知って、興味のある内容を見つけてみましょう。

世界各国からたくさんの方々が日本へ訪れます。

もちろんその中には各国の代表選手や大会関係者も含まれています。

膨大な数の人を日本へ迎え入れるからこそ、そこで必要になってくるのは、やはり「おもてなし」の心ではないでしょうか。

1人1人に最高のおもてなしをすることで、どんな人にも心に残る大会にしてもらえると思います。

そのためにはボランティアの人の活動が必要不可欠になるでしょう。

まとめ

2020年、東京オリンピックオリンピックまであと2年です。

メインとなる競技関係の面では競技場の建設や各準備が行われていると思います。

しかし、競技だけではないのがオリンピックです。

ボランティア活動の準備も現在着々と進められています。

ウェブサイトでのボランティアへの応募もそろそろ始まるので、興味がある方はぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

自国での開催だからこそ、今までとは一味違う思い出として残すことができると思います!

ボランティアカテゴリの最新記事