群馬県の榛名湖イルミネーションフェスタは2018年も開催決定!冬の花火とイルミネーションのコラボ!

群馬県の榛名湖イルミネーションフェスタは2018年も開催決定!冬の花火とイルミネーションのコラボ!

群馬県高崎市にある榛名湖畔で毎年「榛名湖イルミネーションフェスタ」が開催されています。

2018年は12月7日(金)~12月26日(水)の開催だそうです!

今回も、地元の方からレポートを頂きましたので、「榛名湖イルミネーションフェスタ」をご紹介します!

群馬県高崎市にある、榛名湖面を彩るイルミネーションと冬の花火

春夏秋は登山やボート遊びなどでにぎわう榛名湖ですが、12月中には冬の湖面をイルミネーションと花火が彩ります。

ただ、冬期は山間部のため積雪があり、気温も氷点下付近です。

その中でのイルミネーションフェスタ。

イルミネーションは寒い方が盛り上がると言ってもいくら何でも寒すぎでは…と思いますが、行ってみてびっくり!

想像以上のイルミネーションの数々がとてもきらびやかで本当にキレイです。

また、開催期間中に数日間花火が打ち上げられるのですが、これがイルミネーションと相まって、冬の澄んだ空に映えます。

2018年の花火打ち上げ予定日は以下の7日間の予定です。

①7日(金) ②10日(月) ③13日(木) ④17日(月) ⑤20日(木) ⑥24日(月) ⑦26日(水)
20:30~打ち上げ開始

はじめて行ったときは正直そこまで期待をしておらず、いい意味で裏切られて本当に感動したのをよく覚えています。

入場料無料(駐車場代600円は取られますが…)でここまで綺麗なものが見られるなんて、真冬のご褒美のようで私は本当に感動しました。

近隣にお住まいであったらぜひ行ってほしいスポットの一つです。

Advertisement

標高1,000mの榛名湖だからこそ…の極寒、屋台でモツ煮や焼きまんじゅうを

榛名湖は標高1,084mある群馬県高崎市にある湖です。

ちなみにお隣の栃木県にある中禅寺湖に次ぐ、日本で2番目に標高が高い湖でもあります。

群馬県民にとっては、赤城山、妙義山に並んでなじみ深い上毛三山である榛名山にある湖のため、訪れたことがある人も多いと思います。

榛名湖の寒さは半端ない!対策は十分に!

夏期は市内中心部などに比べると涼しくて避暑地としてもとても人気のあるところなのですが、当然ですが冬期は極寒です。

積雪があり、路面は凍結することもあるので自家用車で行かれる方はスタッドレスタイヤがマストです。

服装は夜ということもあり、スキーウェアのような恰好やダウンを着ている方が多い印象があります。

帽子やマフラーなどの小物も用意すると寒さを気にせずより楽しめると思います。

極寒の中での榛名湖グルメ!

ただ、その極寒の中で土地特有の温かいものを食べるのも楽しみのひとつです。

会場内には屋台がたくさん出ていて、焼きそばやたこ焼きなど慣れ親しんだものと一緒に、群馬名物のモツ煮や焼きまんじゅうも並んでいます。

寒さの中、アツアツの焼きまんじゅうにかじりつくのも榛名湖イルミネーションフェスタの醍醐味だと私は思っています。

Advertisement

榛名山頂上から見るイルミネーションと夜景、サンタさんからのプレゼント、そして伊香保温泉に

この榛名湖イルミネーションフェスタ、もちろん会場内で見るのでも楽しめるのですが、この期間中は夜間もロープウェイが運行しており、榛名湖のイルミネーションと花火、そしてその先に広がる高崎市・前橋市の夜景を山頂から見ることができます。

普通のイルミネーションでは満足できない、なんて方も新しい楽しみ方をできるのではないでしょうか。

また、期間中はサンタクロースがちびっこたちにお菓子などをプレゼントしてくれるイベントやっている時間帯もあります。

イルミネーションを見ているだけでは飽きてしまう子どもたちも楽しそうにはしゃいでいる姿をよく見ます。

さらにこの榛名湖は名湯である伊香保温泉まで車で30分くらいなので、伊香保温泉に宿泊しながらイルミネーションフェスタに行くのも良いと思います。

ただし、夜間は路面が凍結しやすい、そして山道なので運転には気を付けましょう。

伊香保温泉から榛名湖畔までのバスもあるので宿泊の方などはそれを利用してみるのもいいのではないでしょうか。

群馬県カテゴリの最新記事