東京オリンピック!高校生のこんな僕でもボランティアに参加できるの?

東京オリンピック!高校生のこんな僕でもボランティアに参加できるの?

2年後の2020年、東京オリンピックの開催が決定しました。
ロゴマークの決定や競技場の建設など、さまざまオリンピックへ向けた準備が進められています。

そんな中最近オリンピック開催に向けて注目されてきているのは「ボランティア」に関する情報です。
東京オリンピックでは、ボランティアの一般募集をしていて、特に特殊な免許や資格を持っていない人でも簡単にオリンピックのボランティアに参加することができるのです。

この歴史的なオリンピックの運営に少しでも貢献したい人にはもってこいの話ですよね。

しかし、ボランティアにはよく年齢制限が設けられていますよね。

中学生、高校生のみなさんの中にも東京オリンピックのボランティアに参加したい人はたくさんいると思います。
今回は中学生、高校生のボランティアについて紹介していきたいと思います。

まずはボランティアの種類を理解しよう!

東京オリンピックのボランティアは、東京オリンピック公式サイトから応募することが可能です。

ボランティア募集要項をチェック

2018年9月26日から募集が開始される予定です。

応募後の主な流れとしては、オリエンテーションや共通研修参加、リーダーシップ研修参加などの準備があります。
その中で活動内容や役割などが決定して、いざ本番というわけです。

オリンピック、パラリンピックのどちらにも参加することもでき、英語が苦手という人でも大丈夫なように英語力を必要としない活動内容も多くあります。
また、応募後の研修などは日本語の研修だけでなく英語による研修も行われるので、海外の方でも気軽に参加することができます。

このように、簡単に応募できてボランティア当日までの準備もしっかりとできるようになっています。

中高生枠を検討中!?都市ボランティア募集要項をチェック!

応募も簡単、準備もバッチリできるオリンピックのボランティア一般募集ですが、なんと残念なことに年齢制限が設けられているのです。

残念ながら、2020年4月1日現在で18歳以上が参加条件となっています。

ですが、中学生や高校生でもオリンピックのボランティアに参加したいといいう人はたくさんいると思います。

そんな中学生、高校生の方に朗報です!

なんと現在新しくボランティアに「中学生高校生枠」が設けられることが検討されているのです!

これはとても嬉しい情報ですね。

「中高生枠」のボランティア活動内容って?

でも、中学生、高校生には一体どんなボランティアができるのでしょうか。

現時点で予想されているものをいくつか紹介します。

・競技会場付近での道案内
・サッカー競技のボール拾い
・バスケット競技のモップがけ

活動内容が限定されるとはいえ、申し分ない内容だと思います!

とくに、サッカー競技のボール拾いやバスケット競技のモップがけなどは実際にオリンピック代表選手の間近で活動することできるので、サッカー好き、バスケット好きの中学生、高校生には必見です!

中高生の東京オリンピックボランティアのまとめ

このように現在オリンピックへの準備が着々と進められている中で、ボランティアの中高生枠も検討されています。

ボランティアの中高生枠が正式に決定したら、中学生、高校生のみなさんは是非応募してみましょう!

オリンピックでボランティアを体験できるということは、今後の人生でも大きな経験となり、大きな思い出として残ると思います!

ボランティアカテゴリの最新記事