大阪府池田市の北摂を代表するがんがら火祭りのご紹介!

大阪府池田市の北摂を代表するがんがら火祭りのご紹介!

がんがら火祭りは大阪府の池田市で毎年8月24日に行われている、1644年に多田屋・板屋・中村屋・丸屋の4人が五月山の山上に火を灯したことが起源とされる伝統あるお祭りです。

がんがら火祭りとは

毎年8月24日、池田市にある五月山に京都の送り火のように西に「大一」文字と東に「大」文字が灯され、重さ100キログラム長さ4メートルほどの2組の大松明、計4つが市の中で3キロほどの道のりを男たちが担いで歩いて行きます。

このお祭りは「火難厄除け」と「家内安全」を祈念するお祭りで、がんがら火祭りという名前はお祭りの最中にもなっている八丁鐘や半鐘の音に由来しており、またがんがら火は愛宕火のことです。

このお祭りは大阪府の無形民俗文化財にも指定されています。

2017年のがんがら火祭りの来場者数は約1万人で大規模なお祭りです。

大松明だけでは無く、子供が参加できる子ども松明とよばれるものもあるんですよ!

消し炭は防火のご利益がある

松明が通過した後には大量の消し炭が道路上に落ちているのですが、この消し炭が防火のご利益があるものとして考えられているため参加者の方々の中には消し炭を入れるための袋や牛乳パックや割り箸などを持参して拾っています。

4つの大松明がお祭りの後半にはひとつになる

この大松明を運ぶのは一気には無理なので休憩所が各所に用意されており、休憩の時はそこで用意されているホースで火を小さくすることで火が大きくなることを防いでいます。

この祭りは8月に行われるため夜とはいえ、この大松明を担いでいる男たちはかなり暑そうでした。

最後には、池田城山町の交差点付近でこの2組の大松明を一つに合わせて4つの炎を一つにしてしまいます。

その後再び4つの大松明に分けそれぞれの大松明を愛宕神社まで運んで行きます。

この神社で祀られているの火の神様であり、火の神様が火事や火の災難から守ってくれると考えられています。

火を扱っているので警察の方々が警備をしてくれており安全面にも注意が払われています。

また参加者の中には外国からきたかたも見られ大松明を実際に担いで運んでいる方もいました。

お祭りの最後には神主が出てきて、玉串奉納やお祓いの儀式が行われ、その後神主が宣言することによってお祭りは終了となります。

Advertisement

市役所前や近くの小学校に屋台がある

道路上には防火のためほとんど屋台はありませんが、市役所前ではステージが設置され、踊りなどのイベントがされたり、近くの池田小学校でもステージが設置され踊りなどのイベントが行われ、校庭には多くの屋台があり、値段も全体的に安く、子どもも楽しむことができる屋台もあります。

また、飲食店ではお祭り限定のメニューなども提供されており、いくつもの店に行くことはできませんが気になるところに行って見るのもいいでしょう。

がんがら火祭りという和菓子も売られている

また、このお祭りの名前がついた「がんがら火祭り」というお菓子が売られており、外はふわふわの生地に中には餡と求肥が入っており、餡には基本的に粒餡・こし餡・栗餡があり季節限定の餡もあります。

Advertisement

まとめ:池田市のがんがら祭り

男たちが大きな松明を運ぶ姿は一見の価値がありますし、屋台やステージなどでのイベントも楽しいので参加してみることをお勧めします。

体力に自信がある人ややってみたいとおもう方は松明を実際に担いでみるといいと思います。

当日は周辺道路と五月山ドライブウェイが一部交通規制となり駐車場も探すのが大変となるため電車やその他交通機関で来られることをお勧めします。

最寄駅は阪急池田駅になります。

雨の日は中止になることもあるので天気は事前に確認しておいた方がいいですね。

大阪に来られた際どこに行くか迷うならがんがら火祭りに足を運んでみるのはいかがでしょうか^^

大阪府カテゴリの最新記事