やってみよう!東京オリンピックボランティアで通訳にチャレンジ!

やってみよう!東京オリンピックボランティアで通訳にチャレンジ!

2020年、東京オリンピックの開催が決定しました。

なんと、英語が得意な人は通訳などの言語関係の場面で活躍することができるのです!東京オリンピックでは一般ボランティアの募集を行っています。

ボランティアにはさまざまな種類があり、英語を活かしたものはもちろん、看護関係のボランティアや道案内などの誰にでもできるボランティアなどが予定されています。

今回は、「英語が得意な人」向けのボランティアについて紹介します。

オリンピックは世界規模の大会なので、世界各国のからたくさんの選手、そして応援の人が日本に訪れます。

今や、世界共通語ともいわれている英語。東京オリンピックではこの英語の力が確実に必要になってきます。

英語が得意な人、通訳などの英語関係の職業経験のある方などは是非みてみてください!

東京オリンピックボランティアであなたの英語力を生かそう

東京オリンピックのボランティアの合計募集人数は約80,000人といわれています。
その中には競技会場周辺の案内や補助、競技場での競技の運営、管理の手伝い、大会関係者などの人の移動をサポートする係などさまざまあります。
そして、それらの活動の中の1つであるのが、「通訳のボランティア」です。

オリンピックという世界的な大会ですので、世界各国からたくさんの関係者が日本へ訪れます。

しかし、日本人で英語が話せる人は決して多いとは言えません。

そこで必要となってくるのが通訳なのです。

もちろん通訳のボランティアをするためには、そこそこの英語力がなければいけません。

英語を読む、書くだけではなく、話す、聞き取る能力が必要です。

また、オリンピックでは数々の種目が競技されるわけですが、各競技における通訳をするためには、その競技のある程度の知識があるという条件も加わってきます。

そうなってくると、通訳のボランティアに適している人はあまり多くはないと思います。

それほど貴重な役割だということです。

なので、英語運用能力があり、各競技の知識がある人はぜひこの英語を活かしたボランティア活動をおすすめします。

東京五輪ボランティア登録方法は?

東京オリンピックのボランティアに応募するためにはどうすればよいのでしょうか。

簡単に応募から実際の活動までの流れについて説明します。

【ボランティア応募方法】

  1. インターネットの東京オリンピック公式ウェブサイトから応募することが可能です
  2. 応募後、オリエンテーションや研修が行われます
  3. それぞれのボランティア内容が決まったら東京五輪ボランティアとして登録が完了します
  4. 実際にボランティア活動を行う
    (2002年の4月1日以前に生まれた方のみ応募が可能です。)

このような流れになっています。
インターネットを通じての応募は分かりやすく、簡単なものなので、不安な方もぜひご検討してみてください!

まとめ

2020年の東京オリンピックまで残り2年です。

オリンピックでボランティア活動ができるということは、東京オリンピックの成功にもつながると共に、人生の素晴らしい思い出の1つにもなることだと思います。

特に、英語運用能力がある人はとても有利だと思います。

この機会でぜひオリンピックの運営に参加してみてください!

自らが関わることで今までとは一味違うオリンピックの楽しみ方ができると思います!

ボランティアカテゴリの最新記事