岩手県盛岡市の名物、「麺」・「温泉」・「祭」を満喫する旅♪

岩手県盛岡市の名物、「麺」・「温泉」・「祭」を満喫する旅♪

盛岡在住者が盛岡市の魅力を語ります!

盛岡に来たらまず麺を食べましょう!「盛岡三大麺」の紹介★

盛岡は言わずと知れた麺の街です。

個人的に一番のおすすめ!涼しくて上品な美味しさの「盛岡冷麺」

盛岡冷麺は盛岡市民に一番愛されている麺といっても過言ではありません。盛岡は日本の中では緯度の高い地域なので涼しいイメージがありますが、夏はとっても暑いんです。7月、8月の平均気温は28℃。だからこそ、この時期に食べる盛岡冷麺の美味しさは格別です!

それでは盛岡冷麺の基本構成を紹介します。まず牛と鶏ベースのうま味のきいた透明なスープ。そして味覚のアクセントに欠かせない、旨からい大根のキムチ「カクテキ」。全体を爽やかにしてくれる梨(お店によってはりんご、すいかのところもあります)。最後に、強い弾力のある特徴的な麺です!

おすすめの食べ方はカクテキを「別辛(べつから)」で注文!自分の好みの辛さに調整しながら食べてみましょう。

話のネタに!フードファイター必見の「わんこそば」

盛岡といえばこの「わんこそば」。

お椀に少量のそばをいれて、食べ終わると「はい、どんどん」の掛け声ですぐさま新しいそばのおかわりが追加されます。

おかわりをした椀の数で大食いを競います。

しかし美食家の皆さんは他にも食べなければいけないものがたくさんあるのでおすすめはできません(笑)

筆者は調子にのって114杯食べ、その日1日横になっていました・・・。

100杯以上食べると食べた数が書かれた木の札をもらえるお店もあるので記念にはなりますよ★

アレンジは自分次第!盛岡じゃじゃ麺

平打ちの麺に肉みそ、ねぎ、きゅうりなどがのっています。お好みの分量でラー油、ニンニク、酢、ショウガを加えて自分流にアレンジして食べます!

しめは卵を加えてスープにする、「チータンタン」を忘れずに★

「つなぎ温泉」で心も体もリフレッシュ♪

つなぎ温泉は、盛岡の誇るいくつかの温泉宿が連なった温泉街。

盛岡駅から約30分、600円ほどで温泉に行けてしまいます♪

特徴は硫黄温泉です。街についたらほんのり硫黄の香りがするのも趣深いです。

温泉につかる前に、是非お勧めしたいことがあります!

それは、足湯!

温泉街の通りを歩いているとすぐにみつけることができます。

足湯につかりながら友人や恋人と会話を楽しむことができます。癒しの空間です。

なのでサンダルで行くことをおすすめします★

大きな温泉宿の日帰り温泉は1000円ほどです。

宿の中に何個も温泉があるので温泉のはしごができます!

景色もきれいなので癒されること間違いないでしょう。

温泉の後は宿の中に食事ができるところがあるのでおなかも満たすことができます。

温泉、ご飯を食べた後は、御所湖の周りを散歩してみましょう。

つなぎ温泉のすぐそばに広がる大きな湖です。

釣りをしている人もいますよ。

何か釣れるのかもしれません★

そして、この湖では毎年7月末に花火大会が催されます。旅行前にチェックしてみましょう。

この日に合わせてつなぎ温泉宿に泊まればパーフェクトな休日になること間違いなしです!

太鼓が鳴る盛岡の街。絶対参加すべし!盛岡さんさ祭り♪

さんさ祭りは私が日本で一番好きなお祭りです!!

何が楽しいかって、それは参加できるからです!!!!

さんさ祭りの由来は、鬼を退治して喜んだ村人が「さんささんさ」と踊ったのが始まりとされています。「岩手」の名前の由来が「鬼の手形」からきているので、岩手ならではの由来といえますね!

岩手県カテゴリの最新記事