空手がオリンピック新種目に!注目の代表選手は!?

空手がオリンピック新種目に!注目の代表選手は!?

2020年東京オリンピック開催が決定しました。

東京オリンピックでは、33競技339種目が行われる予定です。

しかも、東京オリンピックから新たに5競技18種目が追加となる予定です。

今回は東京オリンピック新種目のなかから、なかでも今注目を浴びている「空手」について紹介していきたいと思います!

奥深い空手 オリンピックまでに知っておきたい歴史とルール

みなさんは今までに空手をやったことがありますか?

小学校や中学校の体育の授業でも取り入れられているので、一度はやったことがある人が多いのかもしれません。

しかし、意外にもその歴史とルールはあまり知られていません。

それではまずは簡単におさらいしていきましょう。

空手の歴史

・琉球時代、沖縄で発祥した武道。

・沖縄発祥の拳法「ティー」をもとに、中国の武術や日本の武術の影響を受けながら完成した。

・現在でもさまざまな流派が存在している。

・現在その広まりは日本だけにとどまらず、ロシアやマレーシアなどの海外へも広まりを見せている。

沖縄が発祥の地なんですね!

空手のルール

・組手競技

技を出してポイントを稼ぎそのポイントで競うスポーツです。

得点の種類は3種類で、「1本=3ポイント」「技有り=2ポイント」「有効=1ポイント」となっています。

それぞれの得点にはその基準があり、それは態度や姿勢そして技の精度などが求められます。

その他にも「投げ技」もあるが、あくまで危険な行為は禁止のため使用していい投げ技と使用してはいけない投げ技があります。

なので、相手選手の怪我につながるプレーは認められていません。

勝敗の判断としては、どちらかが相手選手に8ポイント差をつけた場合、もしくは制限時間が過ぎた時点でポイントが多い選手の勝利となります。

勝敗がつかなかった場合延長戦が行われ、延長戦では最初にポイントを獲得した選手の勝利となります。

個人戦と団体戦が行われ、おおまかなルールは同じですが一部個人戦と団体戦ではルールが違う点もあります。

組手のほかは、「形」があります。

Advertisement

東京オリンピック空手注目の選手たち

2020年東京オリンピックでは新たに新種目として空手が競技されるわけですが、

男女それぞれ1名ずつ注目選手を紹介していきたいと思います。

男子注目選手 喜友名 諒選手

空手発祥の地、沖縄県出身の選手です。

アジア選手権や全日本選手権などの国内の大会だけでなく、海外での大会でも優秀な成績を残しています。

しかも、とてもイケメンなんです!(笑)

東京オリンピックでも注目して見ていきたいですね。

女子注目選手 大野 ひかる選手

大分県出身の選手です。

彼女も世界空手道選手権大会やパリで行われたプレミアリーグなどで好成績を残しているて、世界的に有名な選手です。

東京オリンピックでは金メダル獲得が期待できる選手です。

この2人の選手の他にもたくさんの注目選手がいるので、2年後のオリンピックがとても楽しみですね!

まとめ

2020年東京オリンピックでは、是非空手に注目してみてみてください!

2年後ですので、ルールや技などを覚えるとよりいっそう楽しんで見ることができると思います。

一体何個のメダルをとってきてくれるのか、とても待ち遠しいです!

空手カテゴリの最新記事