東京オリンピックの新種目!サーフィンを見に行こう!

東京オリンピックの新種目!サーフィンを見に行こう!

2020年、東京オリンピックの開催が正式に発表されました。

さまざまな種目が競技されるわけですが、東京オリンピックから新たに追加種目となった競技が5つあります。

それは、「野球・ソフトボール」、「空手」、「スケートボード」、「サーフィン」、「スポーツクライミング」の計5競技です。

みなさんがよく知っている競技もあれば、なんだこれ?と思うような競技もあると思います。

今回はこれらの競技の中から、新種目である「サーフィン」について紹介したいと思います。

サーフィンオリンピック会場どこ?日程は?

サーフィンといえば、海で波にのっていてとってもかっこいいイメージが強いですよね。そのサーフィンではどうのようにして競技されるのでしょうか。

また、サーフィンということは海…いったい日本のどこの海でサーフィンの競技が行われるのでしょうか。

見ている人を魅了する競技、サーフィン。

まずはそのサーフィンについてオリンピックの詳細をみていきましょう。

オリンピックサーフィンの会場は?

オリンピックサーフィンの会場となっている釣ヶ崎海岸サーフィン会場は千葉県の一宮町というところにある海岸です。

サーファーにとっては、最高の波があることから、普段では日本全国、さらには世界からも訪れる人が多い海岸です。

オリンピックサーフィンの日程は?

7月26日〜7月29日(計4日間)
・7月26日(日)予選
・7月27日(月)予選
・7月28日(火)準々決、準決
・7月29日(水)決勝戦

といった感じになっています。

この4日間で熱い戦いが見れそうですね。

サーフィンオリンピック会場周辺のちょっと気になる〇〇

オリンピックが施設ではなく実際の海で行われるというのはとっても楽しみですね。

しかも、この釣ヶ崎海岸がある千葉県の一宮町では、サイクリングで一宮町の町をめぐることができるイベントや、サーフィンを体験するイベントなどが行われています。

特にサーフィンの体験では、初心者でも一宮の海と触れ合いながら楽しく体験することができます。

一宮は東京までのアクセスも便利で自然も豊か、移住地としても人気のエリア。

オリンピックサーフィンを会場へ見にいく予定の人はぜひ一宮町の魅力にも触れてみてください。

まとめ

東京オリンピックでは新種目、サーフィンを見ることができます。

世界各国から集まるトップクラスのサーファーに魅了されること間違いなしの競技だと思います。

テレビでも放送されるとは思いますが、よりその迫力を味わうためには、実際に会場へ足を運ぶことが1番でしょう。

また、会場付近ではさまざまなイベントも行われており、より満足できると思います。

これは、2年後の東京オリンピックサーフィンが待ち遠しいですね!

サーフィンカテゴリの最新記事