神奈川県厚木市の魅力がつまった花火大会「あつぎ鮎まつり」

神奈川県厚木市の魅力がつまった花火大会「あつぎ鮎まつり」

相模川沿いで行われる花火大会は県下最大級

神奈川県厚木市では毎年8月第一土曜日前後になると市を挙げてのお祭りである「鮎まつり」が開催され、さまざまな催し物や出店が立ちならびます。

当日はお昼からゲストが来たりダンスパフォーマンスやパレードなどが行われ、お祭りムードを演出してくれるので、早い時間からお祭りに参加して楽しむこともできます。

そしてなんといっても鮎まつりの一番の目玉といえるのが1万発を超える規模で行われる花火大会で、会場となる相模川の河川敷には市の内外から多くの見物客が訪れ、大変な混雑をみせます。

多くの花火が打ち上がる「スターマイン」や滝のように下方向へ流れていく「ナイアガラ」など見どころもたくさんあり、間近で見ることで夏の夜空に彩られる花火を大迫力で楽しむことができます。

花火大会の直前にはかなりの人でごった返してしまうので、近くで見たいという方はなるべく早めに行って場所取りをするか、事前に有料席なども販売されているので購入を検討しておくのもおすすめです。

Advertisement

厚木の名産といえば鮎の塩焼き

鮎まつりで楽しめるのは花火やイベントだけではなく、食に関しても豊富なバリエーションのグルメが用意されており、食べていただきたいものがたくさんあります。

厚木を流れる相模川は花火大会の打ち上げ会場としても使用されますが、地元の名産として鮎がとれる川としても有名で、厚木市内にも鮎をあしらった名産品や和菓子なども販売されています。

もちろんその名を冠した「鮎まつり」でも相模川でとれた鮎の塩焼きを販売するお店が出店され、棒に刺さってこんがりと焼けた鮎の塩焼きにしたつづみを打つことができます。

この時期に食べる鮎の味は絶品で、花火を見ながら鮎の塩焼きを食べることで厚木の夏を感じることができます。

鮎まつりに来て鮎の塩焼きを食べずに帰るというのはもったいないので、お祭りに来た際にはぜひ味わっていただきたい一品です。

花火大会の翌日には相模川で小学生を対象とした鮎のつかみ取りが行われ、花火大会に次ぐもうひとつの目玉として家族連れの方々でにぎわっています。

Advertisement

厚木の新たな名物となったシロコロ

厚木のもうひとつのグルメと言えば「あつぎシロコロ・ホルモン」です。

あつぎシロコロ・ホルモンは全国のB級グルメを集めて行われる「B‐1グランプリ」の第3回グランプリとなったことで一躍全国にその名をとどろかせました。

厚木市を挙げて行われる鮎まつりでももちろんシロコロ・ホルモンを食べることのできるお店が出店されており、厚木の鮎と同じく新しい厚木の名物となっています。

一口大に切られた新鮮なホルモンには適度に脂がのっており、焼くことで丸くなったホルモンの中にうまみが凝縮された形になります。

味噌ダレと一緒に食することで噛めばかむほど味が出るホルモンは、ビールとの相性もよく、食べやすいサイズに分けられているので夏祭りにぴったりのグルメでもあるのです。

あつぎシロコロ・ホルモンは時期に関係なく厚木市内の多くの焼肉店などで味わうことができるため、鮎まつり以外でも厚木に来た際には必ず食べていただきたい絶品グルメです。

神奈川県カテゴリの最新記事