国宝のパワースポット!大阪府堺市の櫻井神社の秋祭り

国宝のパワースポット!大阪府堺市の櫻井神社の秋祭り

 大阪府堺市南区にある櫻井神社は堺市で唯一拝殿が国宝に指定されていることで知られていますが、毎年10月の第一日曜には秋祭りが開催されます。

地元のだんじり(地車)の勇壮な引き回しが見られる他、国の無形民俗文化財に指定されている上神谷のこおどりも奉納されます。

そんな見どころがいっぱいの櫻井神社秋祭りについて紹介します。

至近距離で迫力を味わう!だんじり(地車)

 2日間にわたって開催される秋祭りの期間中、地元の豊田・栂・片蔵・泉田中・釜室の各地区からだんじり(地車)が櫻井神社に集結。

境内の前の広場で、お互いに競い合うように派手なやりまわしが繰り広げられます。

有名な岸和田のだんじり祭りほど凄くはないかもしれませんが、あまり知られていない分観光客の数も少ないですから、とても近い距離まで行って見物できます。

屋根の上に大工方の人たちを乗せたまま行われるやりまわしは、落ちちゃうんじゃないかと間近で見ていてハラハラドキドキで迫力満点!とても見ごたえがあります。

是非一度ご覧になってはいかがでしょうか。

国の無形民俗文化財!上神谷のこおどり

 元々雨乞いの踊りから始まったと伝えられる上神谷のこおどりは、だんじりと並んで櫻井神社の秋祭りの代表的な見どころです。

室町時代に始まった芸能を今に伝えるとされ、国の無形民俗文化財に指定されており、地元の鉢ヶ峯地区の子どもたちがこの伝統ある踊りを引き継いでいます。

秋祭りに合わせて、櫻井神社の拝殿の前では、鬼や天狗に扮した踊り手の子どもたちが、ユーモラスたっぷりな踊りを披露してくれます。

このこおどりの奉納のために、子どもたちは毎日のように一生懸命な練習を積んでいるそうで、その真剣な踊りの様子には、つい見入ってしまいます。

勇壮なだんじりのやりまわしも迫力がありますが、子どもたちが舞うこおどりもついつい目を釘づけにしてしまう魅力があります。

櫻井神社の秋祭りに来られた際には、だんじりだけでなく、こおどりも是非ご覧になってください。

まとめ:ニュータウンとして知られる堺のローカルな魅力

 堺市南区には泉北ニュータウンが広がっていますが、その住宅街のエリアの片隅のような場所に、櫻井神社はあります。

 鎌倉時代に建てられた国宝の拝殿は、神社でありながら、お寺の建築様式が組み込まれた不思議なもので、パワースポットとしての魅力にも溢れています。

 交通アクセスは、泉北高速鉄道の泉ヶ丘駅から路線バスが出ていて、神社の目の前にバス停があります。

バス停の名もずばり「櫻井神社前」ですから、迷う心配はないでしょう。

 普段は参拝客も少なく、静かで落ち着いた小ぢんまりとした神社ですが、それが秋祭りの開催期間中は祭りに参加する地元の人たち、そしてそれを見物に訪れた観光客の人たちとで、境内は一気に熱気に包まれます。

 お祭りらしく屋台がいくつも出店しますし、だんじりは神社だけでなく、地元の各地を駆け回っていきますから、それを追いかけてゆくのもとても楽しいですよ(疲れますが……)。

 こんな櫻井神社の秋祭り、是非一度お越しになられてはいかがでしょうか。

大阪府カテゴリの最新記事