歴代最強の卓球 オリンピック女子団体メンバーで最高の結果を!

歴代最強の卓球 オリンピック女子団体メンバーで最高の結果を!

2020年、東京のオリンピック開催が決定しました。

そして、現在着々とオリンピックの準備が進められています。

いろいろな種類のスポーツが競技されるオリンピックですが、2020年の東京オリンピックでは、過去4回のうちもっとも多い33競技339種目が競技されます

今回は、それらの中でも注目競技である「卓球」について紹介していきたいと思います。

五輪卓球団体戦のルールのおさらい

みなさん1度は卓球で遊んだことがあると思います。

しかし、「卓球団体戦のルール」となればわからない人が大勢いると思います。

そこで、一度オリンピックの卓球団体戦のルールについて紹介したいと思います。

実は、世界卓球選手権とオリンピック、ワールドカップでの団体戦のルールは大きく違っているのです。

さらに、東京オリンピックでは以前までのリオ五輪からもルールに変更があるそうです。

今回は、東京オリンピックで使用されるルールにもっとも近いであろう「ABCXYZ方式」について紹介したいと思います。

  1. シングルスに出場する選手と団体戦のみに出場する選手の合計3名の選手でチームを作る
  2. 両チームが「ABC」か「XYZ」のどちらかを選択する(コイントス)
  3. 両チーム、「ABC」「XYZ」にあたる選手を決定する
    (試合時には、お互いのチームが「ABC」「XYZ」の選手がわかっている)
  4. 第1試合=シングルス・第2試合=シングルス・第3試合=ダブルス・第4試合=シングルス・第5試合=シングルス
    (しかし、試合前に第3試合のダブルスに誰が出るか、シングルスを2回プレーするのが誰かは分からない。)
  5. 計5試合のうち、先に3試合を制したチームが勝利となる

これが「ABCXYZ方式」となります。

Advertisement

卓球オリンピック女子団体、日本最大のライバルは?

2020年東京オリンピックで卓球女子団体のライバルは一体どこの国なのでしょうか。

日本の卓球は年々飛躍してきていると思われます。

卓球と聞いてみなさんが強豪と思い浮かべる国は何と言っても「中国」だと思います。

ずばり、卓球女子団体の最大のライバルは中国です

ワールドツアージャンパンオープンでは、中国は男子女子ともにシングルスで日本に敗退しています。

ワールドツアージャンパンオープン中国が優勝常連でしたが、今回日本が勝利したことで日本と中国の力の差はだんだん縮まってきているということです。

また、東京オリンピックでは、日本の会場でプレーされるわけですので、中国にとっては完全アウェイというわけです。

これらの条件からも、卓球女子団体の最大のライバルは中国だということが分かります。

まとめ

近年、日本の卓球のレベルはどんどん上がってきています。

2018年からは卓球のプロリーグ、Tリーグも始まります!

2020年の東京オリンピックでは最大のライバルである中国に勝利して、是非金メダルを獲得してほしいですね。

2年後に向けてさらにパワーアップしていくと思うので、東京オリンピックでは卓球に注目して応援していきましょう!

卓球カテゴリの最新記事