東京オリンピックテニスの出場資格を詳しく説明します!ダブルスで日本は出場確定!

東京オリンピックテニスの出場資格を詳しく説明します!ダブルスで日本は出場確定!
Advertisement

こんにちは、東京2020ウォッチャー管理人のyuko(@tokyo2020watch1)です。
今日は、2020年東京オリンピックのテニスの出場資格について、ダブルスの選考方法について詳しく説明します!
シングルスについてはコチラの記事を御覧ください。

テニスのダブルスで日本は出場権獲得確定!

男女とも、ダブルスは32チームで戦われます。その32チームの内訳は

31チームは本戦ストレートイン(DA)
1チームはホスト国枠

細かい条件は次でご説明しますが、日本は既に男女ともに1ペアの出場権は確実、ということですね!

東京五輪のテニスのダブルスの出場資格

ITFによると、ひとつの国に2ペアまで出場できます。

その上で、2020年6月8日(東京オリンピック閉会式の2ヶ月前)のダブルスランキングで、
トップ10の選手については本戦ストレートイン、それ以下についてはペアの合計ランキングが高い順で出場資格を得ることができます。

Advertisement

ミックスダブルスでも日本はホスト国枠で出場決定!

ミックスダブルスは16ペアで戦われます。
そのうち、15チームは本戦ストレートインで、1チームはホスト国枠として日本が出場決定しています。

ダブルスと同じく、一カ国2ペアまでの制限があります。

ただし、シングルスかダブルスに出場する選手に限ります。つまり、ミックスダブルスだけの出場は認められない、ということですね。


オリンピック出場資格を得るにはランキング以外の最低条件がある

シングルスでも同じですが、テニス競技でオリンピックに出場するには、男子も女子もシングルスでもダブルスでも関係なく
最低条件があります

デビスカップまたはフェドカップに3回以上出場していること。

細かな条件はコチラの記事をご覧くださいね!

ダブルスはTVで観られるのか?リオ五輪の経験から語ります!

シングルスに比べて、残念ながら注目度が低いダブルス。せっかく日本でオリンピックが開催されるなら現地観戦したいですが、
お仕事や家庭の事情で難しい方もいらっしゃいますよね。

yukoのリオ五輪のテニス競技の視聴経験から言いますと、民放、民放のBS、NHK、NHKのBS、WOWOWのいずれかで
観ることは可能だと思います!

TVで放送されなくても、リオ五輪のときはNHKがオンラインでストリーミング配信していました。

ストリーミング配信は実況や解説は無いのですが、民放で放送されないような競技・試合が放送されていましたよ!

東京2020ウォッチャーでも放送に関する情報は追っかけていきたいですが、
積極的に情報を集めて、面白い試合を見逃さないようにしたいですね!

元ネタはITF(国際テニス連盟)発表の英語資料のコチラ
英訳間違えていたらご指摘くださいね^^



テニスカテゴリの最新記事