2019年からは楽天オープン開催!車椅子テニスのルール説明!

2019年からは楽天オープン開催!車椅子テニスのルール説明!

知っているようで知らない車椅子テニス。

2018年楽天ジャパン・オープンの予選に行ったのですが、そのときに広告が流れていたのですが、
実は、2019年からは楽天オープンも車椅子テニスが開催されるんです!

今回は、実はめちゃくちゃアツい車椅子テニスのルールについてご紹介します!

車椅子テニスの基本的なルールについて

車椅子テニスのルールは、基本的に錦織選手や大阪なおみ選手などがプレイするテニスと変わりません。
コートの大きさも、ボールも、スコアのカウントも同じです。

健常者のプレイヤーと車椅子のプレイヤーは一緒にプレイすることが出来るんです。

違いは2バウンドまでOK

唯一違うことは、「ボールの返球が2バウンドまでOK」であること。

1バウンド目がコートの中であれば、2バウンド目はコートの外でもOKでゲームは続きます。

車椅子は身体と考える

車椅子は身体と考えられ、車椅子に直接ボールが当たると失点になります。
サーブのときに、車輪がベースラインに触れてもフォルトとなります。

車椅子テニスの世界ランキングのルール

フェデラーからも一目置かれている車椅子テニスプレイヤー国枝慎吾選手は世界ランキングの上位を長年守り続けています。

ITFランキング-車いす男子シングルス|テニスの速報・ニュースならテニスデイリー

国枝選手のショット、上半身だけとは思えない速さですね!

車椅子テニスの世界ランキングのルールはどの様になっているのでしょうか?

車椅子テニスはATPやWTAと同じくITF(国際テニス連盟)が管轄しており、世界ランキングもITFのルールのもと、運営されています。

車椅子テニスのクラス

車椅子テニスには、男子、女子、クアード、ジュニアの4つのクラスがあり、それぞれシングルスとダブルスがあります。

クアードは、手指にも障害がある選手のクラスになります。ラケットを握れない方はテーピングで固定してプレイします。

車椅子テニスのワールド・ツアー

ATPやWTAと同じく、グランドスラムの他、スーパー、ITF1、2、3、フューチャーズと6グレードの大会に分かれています。

それぞれポイント制になっており、それで世界ランキングが決まるんですね。

ポイント数のカウントルールの詳細はこちらのサイトが参考になります。
車いすテニス世界ランキング算出方法: NEC車いすテニス | NEC

その他、年末にマスターズ、またデビスカップやフェドカップのような国別対抗戦も行われます。

2016年には東京の有明で車椅子テニスの国別対抗戦が行われたんですよ!

車椅子テニスを日本で観るには?

車椅子テニス、生で観てみたいですよね!

日本でいつ、どこで観戦できるのか調べてみました。

日本ではITF公認の国際大会が、2018年には7大会ありました。

大会名(開催地) 開催月 大会グレード
北九州オープン 3月 フューチャーズ
ダンロップ神戸オープン 4月  ITF3
ジャパン・オープン(福岡県) 5月 スーパー
仙台オープン 8月 フューチャーズ
神奈川オープン 8月 フューチャーズ
大阪オープン 9月 フューチャーズ
ピースカップ(広島県) 10月 ITF3

2018年現在では、福岡で5月に開催されるジャパンオープンが最高峰の大会です。

楽天オープンが追加で開催されるとなると、首都圏でも世界レベルの車椅子テニスを観ることが出来るようになりますね!

更に、今よりもっと車椅子テニスの情報が出てくると思います。

それも楽しみですね!

車いすテニスカテゴリの最新記事